ニュース
» 2015年10月14日 09時00分 UPDATE

STマイクロ STiH390:Wi-Fi通信機能を内蔵したHDR対応のSTB向けSoC

STマイクロエレクトロニクスは、Wi-Fi通信機能を内蔵した、セットトップボックス(STB)向けのSoC「Cannes Wi-Fi(STiH390)」を発表した。6K DMIPSのマルチコアARM CPUとWi-Fi 802.11ac 4x4を搭載し、HDRに対応している。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2015年9月、Wi-Fi通信機能を内蔵した、セットトップボックス(STB)向けのSoC「Cannes Wi-Fi(STiH390)」を発表した。

 STiH390は、QuantennaのWi-Fi 802.11 IPを、最新世代のHEVCに対応したHD STB用ICに統合。HD HEVC Wi-Fi IPクライアントおよび双方向機能を備え、高い処理性能と低コスト化の両立を可能にするという。

Wi-Fi 802.11ac 4x4を搭載

ts151013_ST01.jpg Wi-Fi通信機能を内蔵した、セットトップボックス(STB)向けのSoC「Cannes Wi-Fi(STiH390)」 出典:STMicroelectronics

 6K DMIPSのマルチコアARM CPUとWi-Fi 802.11ac 4x4を搭載し、ハイダイナミックレンジ(HDR)コンテンツのデコードおよび表示ができる。Mali 400 GPU/Faroudja Video Transcode Engineにより、ゲームなどでの滑らかな映像やマルチスクリーン環境での高画質を可能にしている。外部接続インタフェースには、USB3.0/DRMベースのビデオ・コンテンツ保護に対応したHDMIなどを備えた。

 同社の「Cannes」ファミリとは互換性があるため、STBメーカーは既存の開発エコシステムを活用し、複数のミドルウェア製品上でクライアントSTBを簡単に設計できる。

 STiH390は現在、主要顧客向けにサンプルを出荷している。

関連キーワード

Wi-Fi | STB | STMicroelectronics | ARM | ニュースリリース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.