ニュース
» 2015年10月16日 09時00分 UPDATE

SMK LGY2109-53XXF:IPX7規格に準拠した小型φ3.5イヤホンジャック

SMKは、防水小型携帯機器向けに、φ3.5防水イヤホンジャック「ショートタイプ」を発売した。同社独自のハウジング2重構造によって、IPX7の防水性を確立している。

[EDN Japan]

ハウジング2重構造でIPX7の防水性を確立

 SMKは2015年9月、スマートフォン、ウェアラブル端末、タブレットPCなどの防水小型携帯機器向けに、φ3.5防水イヤホンジャック「ショートタイプ」を発売した。

Rel_151001_SMK.jpg φ3.5防水イヤホンジャック「ショートタイプ」

 小型携帯機器の防水対応機種の普及に伴い、防水イヤホンジャックの導入が増えている。携帯機器の小型化も進み、奥行き寸法の短縮化も求められているという。

 今回開発されたφ3.5防水イヤホンジャックショートタイプは、IPX7の規格に準拠。IPX7規格の防水性は、同社独自のハウジング2重構造によって確立した。これにより、奥行き寸法を14.8mmまで削減し、小型化防水化を実現している。

 回路は4極チップメイクSW回路で、RoHS指定に適合している。オプションとして、セットとジャックのすき間からの水の浸入を防ぐ、防水キャップもそろえた。

 サンプル価格は1個当たり200円で、生産は月間70万個としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.