ニュース
» 2015年10月26日 09時00分 UPDATE

ローデ・シュワルツ R&S FSWP:26.5GHz帯対応の位相雑音アナライザ/VCOテスタ

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、位相雑音アナライザ/VCOテスタ「R&S FSWP」を発売した。ボタン1つで、簡単に低位相雑音のローカル発信器と相互相関法による信号源の評価ができる。

[EDN Japan]

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2015年10月、位相雑音アナライザ/VCOテスタ「R&S FSWP」を発売した。信号源、シンセサイザー、電圧制御発信器(VCO)などの各種信号源の位相雑音評価を、高感度かつ高速で測定するため、キャリア信号の近くでの位相雑音も短時間で高確度に評価できる。

Rel_151008_rohde-schwarz.jpg 位相雑音アナライザ/VCOテスタ「R&S FSWP」

ボタン1つで複雑な測定が可能

 R&S FSWPの最上位モデルは、最高26.5GHz帯の周波数をカバーするため、低位相雑音のローカル発信器と相互相関法による信号源を簡単に評価できる。また、全ての信号をデジタル処理するため、ボタン1つで複雑な測定が可能。パルス信号源の位相雑音を簡単に素早く測定でき、パルス変調時も残留位相雑音の評価ができるという。

 シグナルスペクトラムアナライザ機能をオプションで追加可能で、8GHz帯と26.5GHz帯のモデルを搭載できる。測定メニューには、シンプルなウィザード形式を採用。タッチスクリーンにより操作性が改善され、視覚的に確認しながら各種設定が可能だ。さらに、12.1型ディスプレイ上に測定結果を同時に別ウィンドウで表示できる。

 本体価格は805万9000円(税抜)で、年間販売台数は30台を見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.