ニュース
» 2015年11月10日 09時00分 UPDATE

テレダイン・レクロイ M310C:USB 3.1プロトコルアナライザにPD機能検証を追加

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、USB 3.1プロトコルアナライザ「Voyager M310C」の機能に、新たにUSB Power Delivery(以下、PD)開発者に向けた機能検証や、PDチップセットと製品の規格適合試験などの詳細な解析機能を追加した。

[EDN Japan]

 テレダイン・レクロイ・ジャパンは2015年10月、USB 3.1プロトコルアナライザ「Voyager M310C」をアップグレードしたと発表した。アナライザ用ソフト「USB Protocol Suite」7.20版により、新たにUSB Power Delivery(以下、PD)開発者に向けた機能検証や、PDチップセットと製品の規格適合試験などの詳細な解析機能を追加した。

 今回のアップグレードでは、今後のUSB Type-C コネクタの需要増加に備え、PDでのトリガなどのデバッグ、イベントスタック、トランザクションのグループ化、VSE機能などを強化している。

Rel_151029_teledynelecroy.jpg USB 3.1プロトコル・アナライザ「Voyager M310C」

供給側/デバイス側双方の疑似トラフィックを生成

 Voyager M310CのPDエキササイザ機能は、デバイス/ホスト双方のエミュレーションが可能。テストプラットフォームと協調することで、供給側/デバイス側双方の疑似トラフィック生成を可能にした。エミュレータは、PDパケットタイプを網羅したスクリプトベースで、ヘッダ/ペイロード/タイミング/エラーを追加できる。If/Else、Wait、Do caseなどの機能により、コントロールネゴシエーションやパワーロールスワップなど、さまざまなPD動作の疑似試験に対応した。

 さらに、試験体からのType-Cケーブル接続だけで、PD2.0/ USB 3.1(SS+)のエミュレーション/トレース採取を可能にしている。これにより、PDクラス特有のデスクリプション含む、エニュミュレーション全体を試験することができる。

 なお、同社では、既存の「Voyager M310」エキササイザ搭載モデルにも、PD機能が使用できるアップグレードオプションを提供するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.