ニュース
» 2015年11月18日 09時00分 UPDATE

アルテラ Quartus Prime開発ソフトウェア v15.1:コンパイル時間を1/4に短縮する開発ソフトウェア

アルテラは、「Quartus Prime開発ソフトウェア v15.1」を発表した。Quartus II開発ソフトウェアをベースとし、Arria 10向けに最適化したSpectra-Qエンジンを統合している。

[EDN Japan]

 日本アルテラは2015年11月、米アルテラが「Quartus Prime開発ソフトウェア v15.1」を発売したと発表した。Quartus II開発ソフトウェアをベースとし、Arria 10向けに最適化したSpectra-Qエンジンを統合している。

ts151117_Arria01.jpg 20nmのFPGA&SoC「Arria 10」 出典:日本アルテラ

ハードウェア記述言語サポートも強化

 Quartus Prime開発ソフトウェアは、フロントエンドに従来のQuartus IIソフトウェアと同じユーザーインタフェースを搭載。バックエンドには、IPブロック配置配線の保存に階層型データベースを搭載したSpectra-Qエンジンを追加した。これにより、デザインの安定性を確保し、不要なタイミングクロージャ作業の排除とコンパイル時間を短縮した。

 さらにv15.1では、従来のバージョンに比べて平均で1スピードグレード分高速化している。また、新しいBluePrint Platform DesignerとRapid recompile機能により、IOデザインが最大10倍高速化、コンパイル時間を最大1/4に短縮した。SystemVerilog-2005やVHDL-2008などのハードウェア記述言語サポートも強化した。

 ライセンスモデルは、「プロ・エディション」「スタンダード・エディション」「ライト・エディション」の3種類。プロではFPGA/SoC FPGAを、スタンダードでは同社の新製品カテゴリのデバイスを、ライトでは同社の多量産デバイスファミリをサポートしている。プロ/スタンダードは年間ソフトウェアライセンスが必要だが、ライトは無償ダウンロードできるため、ライセンスファイルなしで利用できる。

 Quartus Prime開発ソフトウェアは、同社Webサイトで提供中。ノードロックPCライセンスの年間ソフトウェアライセンスは、同社のeStoreから2995米ドルで購入できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.