ニュース
» 2015年11月25日 09時00分 UPDATE

NXP Threadプラットフォーム:低電力通信プロトコルをサポートする開発環境

NXPセミコンダクターズは、ARM mbed OS上で動作する「NXP Threadプラットフォーム」を発表した。ワイヤレスマイクロコントローラを採用し、ZigBee3.0/Threadなどの低電力通信プロトコルをサポートする。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2015年11月、ARM mbed OS上で動作する「NXP Threadプラットフォーム」を発表した。クラウドに接続されるハードウェアデバイス制御に必要なプログラム作成を簡素化し、IoT(モノのインターネット)市場向けの照明機器やゲートウェイ装置などの組み込み型コネクテッド製品の開発を容易にするという。

ZigBee3.0/Threadに対応

ts151120_Thread01.jpg

 Threadプラットフォームは、ワイヤレスマイクロコントローラ「JN5179」を採用。JN5179は、ARM Cortex-M3 CPU/IEEE 802.15.4規格に準拠した2.4GHz帯無線通信機能をベースとしており、ZigBee3.0/Threadなどの低電力通信プロトコルをサポートしている。

 JN5179マイクロコントローラは現在サンプル出荷中で、JN5179 mbedモジュールのフル評価キットは2016年の初めに提供開始の予定である。同社では、Threadプラットフォームを導入することで、IoTアプリケーション固有の複雑なプロトコル/ソフトウェア開発の課題に対応できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.