ニュース
» 2015年12月08日 09時00分 UPDATE

トレックス・セミコンダクター XC6230シリーズ:多機能で出力調整可能な小型のLDOレギュレータ

トレックス・セミコンダクターは、多機能で出力調整可能な2A高速LDOレギュレータ「XC6230シリーズ」を開発した。IC外部で出力電圧と電流制限値が調整でき、豊富な保護回路を備えた小型パッケージで、省スペース、コストダウンに貢献する。

[EDN Japan]

 トレックス・セミコンダクターは2015年11月、多機能で出力調整可能な2A高速LDOレギュレータ「XC6230」シリーズを発表した。ポストレギュレータや各種マイコン、ロジック用途向けレギュレータ、2次側電源などに対応する。XC6230シリーズは、最大出力電流が2Aで、出力電圧と電流制限値を調整できる。0.17Ωの低ON抵抗Pチャンネルトランジスタを内蔵し、入出力電位差が少ない状況化でも安定した出力電圧を取得できる。

Rel_151126_torex01.jpg LDOレギュレータ「XC6230」シリーズのイメージ

豊富な保護回路と選択可能な小型パッケージ

 出力電圧と電流制限値は、IC外部で設定できる。入力端子(VIN)以上の電流が出力端子(VOUT)へ逆流するのを防ぐ機能や過熱保護(TSD)、起動時突入電流防止回路などを搭載。小型パッケージのUSP-6C(1.8×2.0×0.6mm)と開発中のSOP-8FD(6.0×4.9×1.55mm)で提供され、保護回路を付加しつつ、用途に合わせてパッケージを選択できる。

 また、出力電圧と過電流制限値を、チップコンデンサとチップ抵抗の合計5個の部品のみでセットできるため、多機能でありながら省スペースの設計が可能。モデルごとに電源仕様が変更された場合でも、XC6230シリーズ1つで希望の出力電圧値と制限電流値に設定できるという。ICを共通化できるため、設計工数やコストの低減にも貢献する。

 サンプル価格は100円(税別)で、既に量産が開始されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.