ニュース
» 2015年12月15日 12時00分 UPDATE

セイコーNPC:50dpiの解像度を実現した磁気センサーモジュール

セイコーNPCは、50dpiの高解像度で、非接触でも高感度な磁気ラインセンサーモジュールを新たに開発した。微細な磁気インクパターンや磁場の変化を高解像度で非接触センシングできるという。

[EDN Japan]

 セイコーNPCは2015年11月、50dpiの高解像度で、非接触でも高感度な磁気ラインセンサーモジュール(検出幅77mm)を新たに開発した。磁気インクの検出、金属の非破壊検査、電流検出などの幅広い用途に使用できるという。

Rel_151203_npc02.jpg 従来センサーとの比較

高解像度で非接触センシング

Rel_151203_npc01.jpg 磁気ラインセンサーモジュール

 同モジュールは、高感度ナノグラニュラーTMR型磁気センサー素子を50dpi(Dots Per Inch)間隔でライン状に配置しているため、これまでセンシングが難しかった微細な磁気インクパターンや磁場の変化も、高解像度で非接触センシング可能である。

 また、磁気センサー素子に加え、均一な磁場特性をもったバイアス磁石と高い増幅率の変換アンプICを内蔵。外付けのバイアス磁石と外部変換回路が不要になった。

 サイズは83.5×11mmで、電源電圧は5V。量産出荷は、2016年度の予定という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.