ニュース
» 2015年12月17日 09時00分 UPDATE

日本TI RF430CL33OH-Q1:WPSをワンタップで実行できるNFCトランスポンダ

日本テキサス・インスツルメンツは、車載インフォテインメントシステムへのNFC機能搭載を簡素化する、NFCトランスポンダ製品「RF430CL33OH-Q1」を発表した。ペアリング、接続、NFC対応のWPSをワンタップで実行できるという。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2015年12月、車載インフォテインメントシステムへのNFC機能搭載を簡素化する、NFCトランスポンダ製品「RF430CL33OH-Q1」を発表した。業界で初めて、AEC-Q100車載規格認定を取得したという。

 RF430CL33OH-Q1は、Bluetooth/Bluetooth Smart/Wi-Fi向けのOOB(Out of Band)アソシエーションモデルを使用している。これにより、NFC対応のスマートフォンやタブレットと車載インフォテインメントシステム間のSSP(Simple Secure Pairing)を可能にした。乗車の際、ペアリングや接続、NFC対応のWPS(Wi-Fi Protected Setup)をワンタップで実行し、特定のドライバ設定を構成するため、複雑な手動操作手順が不要になるとしている。

106/212/424/848kbpsをサポート

Rel_151203_tij.jpg NFCトランスポンダ製品「RF430CL33OH-Q1」のイメージ

 NFCインタフェースは、診断データ向けの安全な設定やサービスインタフェースとしても使用が可能。106キロビット/秒(kbps)、212kbps、424kbpsおよび848kbpsの各データレートをサポートし、柔軟性の高い通信機能を提供できる。

 1000個購入時の単価は0.26米ドル。同製品を搭載したNFC製品設計に役立つターゲットボード「RF430CL330HTB」は、単価19米ドルで提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.