ニュース
» 2016年01月28日 11時30分 UPDATE

TDK MHQ0402PSA:従来比30%増、Q値21を実現した高周波インダクタ

TDKは、0.4×0.4×0.2mmサイズの高周波回路用インダクタ「MHQ0402PSA」シリーズを開発したと発表した。従来製品と比較して30%高いQ値である21を実現。スマートフォンやタブレット端末などの無線回路への搭載に適しているという。2016年1月から量産を開始した。

[庄司智昭,EE Times Japan]

 TDKは2016年1月26日、0.4×0.4×0.2mmサイズの高周波回路用インダクタ「MHQ0402PSA」シリーズを開発したと発表した。同社の従来製品「MLG0402Q」シリーズと比較して30%高いQ値である21(1GHz時)を実現。小型化と高いQ値の両立が求められるスマホやタブレット端末などの無線回路への搭載に適しているという。

 MHQ0402PSAシリーズは、2016年1月より量産を開始。定格電流は180〜600mA(最大値)、直流抵抗は0.15〜1.20Ω(最大値)である。サンプル価格は1個当たり20円とし、月産5000万個を予定している。同社は、「MLG0402Qシリーズはスマホ1台当たりだと約100個搭載されるので、1年後には月産3億個を目指したい」とした。

体積比70%減、実装面積で53%減を実現

 Q値とは、任意の周波数における誘導性リアクタンスと抵抗の比率を数値化したものである。Q値が高ければ高いほど低損失になり、機器の低消費電力化に貢献する。Q値はインダクタのサイズに比例するため、大きければ大きいほど数値が高くなる。しかし、スマホやタブレット端末といったモバイル機器は、多機能化を背景に省スペース化が課題になっている。つまり、高いQ値と小型化が両立することが求められるのだ。

ts160128_TDK01.jpg 高周波回路用インダクタ「MHQ0402PSA」シリーズ (クリックで拡大) 出典:TDK

 MHQ0402PSAシリーズは、従来製品より小型化もしている。1GHz時に35という高いQ特性を持つ従来製品「MHQ0603Pシリーズ」の最小サイズと比較すると、体積比70%減、実装面積で53%減を実現。小型で21のQ値を両立できた要因は、「独自の材料開発やコイルパターン設計の最適化」(同社)が挙げられるという。

 現在のインダクタンス範囲は、0.2〜8.2nH。今後は22nHまでラインアップを拡大する予定とし、さらに小型で高いQ特性を持つ製品の開発を進めていくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.