ニュース
» 2016年02月04日 11時30分 UPDATE

ニプロン UZP-120 Series:ノイズと発熱を大幅に低減した基板型AC-DC電源

ニプロンは、ノイズと発熱を限りなくゼロに近づけた基板型AC-DCスイッチング電源を開発したと発表した。外部にノイズフィルターを設置する必要がなく、コストと工数を削減できるという。

[EDN Japan]

 ニプロンは2016年1月、小型で高機能の基板型AC-DCスイッチング電源UZPシリーズから、限りなくノイズと発熱をゼロに近づけた「UZP-120 Series」を開発したと発表した。62×24×155mmと小型設計ながら、連続120W、ピーク200Wの性能を持ち、最大94%の高効率設計により発熱量を大幅に低減し、長寿命化している。

Rel_160128_nipron.jpg 基板型AC-DCスイッチング電源「UZP-120」

外部ノイズフィルター不要

 UZP-120 Seriesは、漏えい電流値を0.12mA(AC200V時)まで低減しつつ、雑音端子電圧は電源単体で電磁波ノイズに関する規格「VCCI」ではClassBに対応している。外部にノイズフィルターを設置する必要がなく、コストと工数を削減できる。周囲温度40℃まで、定格100%で出力可能だ。

 オプション用コネクター付きのJB0/JBHタイプは、コンデンサーパック、バッテリーパックなどによる停電や瞬停(しゅんてい)の対策ができるという。また、医療規格取得モデルとして、mUZP-120シリーズとmUZPT-120をラインアップしている。

 標準価格は6800〜7300円、同社Webでの販売価格は4760〜5110円(税別)である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.