ニュース
» 2016年02月05日 09時00分 UPDATE

IDT ZOPT2202:紫外線の光スペクトルを正確に検出する光センサー

IDTは、UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表した。紫外線(UVA/UVB)に対する過剰暴露(ばくろ)、暴露不足を検出し、ウェアラブル、モバイル端末に新たなウェルネス機能を提供するという。

[EDN Japan]

 IDTは2016年1月、UVAとUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」を発表した。

 同社が買収したZMDIが開発したセンサーで、高感度のフォトダイオードを搭載しており、赤外線抑制機能と組み合わせることで、UVソリューションとして高い性能を持つという。健康/ウェルネス用途に加えて、各種アプリでの状況認識も可能にする。

Rel_160128_idt.jpg 2チャンネルUVA/UVB光センサー「ZOPT2202」のイメージ

過剰暴露と暴露不足を正確に検出

 ZOPT2202は、太陽の紫外線(UVA/UVB)に対する過剰暴露(ばくろ)や暴露不足を検出するため、ユーザーは周辺環境を正しく理解でき、紫外線を過度に浴びる危険な状態を回避できる。検出可能な紫外線指数は、1〜11+。屋内と屋外の状況認識も可能である。フィルタープロセスは独自に開発し、どの入射角でも安定した応答ができるという。

 動作温度範囲は、−40〜90℃。2.0×2.2×0.7mmのODFNパッケージで提供され、パッケージの最適化により迷光を抑制できるとした。ZOPT2202は既に出荷を開始しており、モバイル/ウェアラブルデバイスメーカー向けに評価ボードが用意されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.