ニュース
» 2016年02月08日 09時00分 UPDATE

アルテラ EN6362QI:従来より45%小型化できるSoC DC-DCコンバーター

アルテラは、電源システムとして、完全なテスト/特性評価/認定を受けたインダクター内蔵の「PowerSoC」 DC-DC降圧型コンバーター「EN6362QI」を発表した。他のパワーモジュールより45%、多くのディスクリート電源ソリューションより75%小型化しているという。

[EDN Japan]

 アルテラは2016年1月、インダクターを内蔵した高集積SoC DC-DC降圧型コンバーター「EN6362QI」を発表した。同社のCyclone/MAXファミリのFPGAのほか、高精度で高効率の超小型電源を必要とする各種システムへの最適な電源供給が可能になるという。

電力密度は56W/cm2

Rel_160128_altera01.jpg 「PowerSoC」 DC-DC降圧コンバーター「EN6362QI」

 EN6362QIは、電源システムとして、完全なテスト/特性評価/認定を受けた低VINパワー製品。ハイサイド/ローサイドパワーFET、インダクター、ゲートドライブ、コントローラ、補償回路を集積し、56W/cm2の電力密度を可能にした。トータルソリューションサイズは170mm2で、他のパワーモジュールより45%、多くのディスクリート電源ソリューションより75%小型化できる。

 さらに、Failure In Time(FIT)率が低く、ディスクリート電源ソリューションに比べて信頼性を向上。周囲温度85℃において、ディレーティングせずに6Aを連続供給できる。入力負荷過渡応答、温度の変動を含め、±1.5%の出力電圧精度を達成した。

 EN6362QIは現在サンプルを提供中で、同社のWebサイトから購入できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.