ニュース
» 2016年02月12日 09時00分 UPDATE

村田製作所 LQP02HQシリーズ:0402サイズで高いQ特性のチップインダクター

村田製作所は、0.4×0.2mmのフィルムタイプ高周波チップインダクター「LQP02HQ」シリーズの量産を開始した。寸法を高さ方向に拡大し、同サイズで「世界最高」のQ特性を持つという。

[EDN Japan]

 村田製作所は2016年1月、0402サイズ(0.4×0.2mm)のフィルムタイプ高周波チップインダクター「LQP02HQ」シリーズの量産を開始した。スマートフォンや携帯電話、Wi-Fi/Bluetoothなどの各種無線モジュールに適するという。

0402サイズで世界最高のQ特性

 LQP02HQシリーズは、同社独自の最新微細加工技術により、最適なコイルパターンとL字電極構造を採用。寸法を高さ方向に拡大したことで、0402サイズにおいて「世界最高」(同社)のQ特性を可能にしたとしている。これは、同社の0603サイズ(0.6×0.3mm)LQP03TN_02シリーズと同等だという。また、精度の高い積層加工技術を採用し、インダクタンス偏差±0.05nH(0.4nH〜1.5nH)に対応している。

Rel_160204_murata01.jpgRel_160204_murata02.jpg 左=フィルムタイプ高周波チップインダクター「LQP02HQ」シリーズ/右=同製品(0402サイズ/赤い線)と従来品(0603サイズ)の比較 出典:村田製作所

 ラインアップは、0.4nH〜22nHまで57種。サンプル単価は、1個当たり5円である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.