ニュース
» 2016年02月19日 09時00分 UPDATE

アナログ・デバイセズ ADN465xファミリー:最大データレート600Mbpsのデジタルアイソレーター

アナログ・デバイセズは、LVDSデジタルアイソレーター「ADN465x」ファミリーを発表した。従来比4倍となる最大データレート600Mビット/秒と総ジッタ70ピコ秒を可能にしている。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2016年2月、過酷な環境下で機器性能を向上させる、低電圧差動信号方式(LVDS)デジタルアイソレーター「ADN465x」ファミリーを発表した。

A-Dコンバータのサンプリングクロックも絶縁可能

Rel_160212_analog.jpg LVDSデジタルアイソレーター「ADN465x」ファミリー

 ADN465xファミリーは、LVDS I/O、高速アイソレーター、2.5/3.3V電源を可能にするLDOをSOIC-Wパッケージに集積している。従来比4倍となる最大データレート600Mビット/秒と総ジッタ70ピコ秒、最大伝搬遅延4.5ナノ秒を可能にし、これまで信号処理に必要だった低速のアイソレーターを使用せず、高速のLVDS信号を直接絶縁できる。

 また、300MHzのクロックをサポートし、LVDSインタフェースで高精度コンバーターの絶縁が可能。ソース同期インタフェースのチャンネル間スキューは200ピコ秒、位相ジッタは380フェムト秒と極小のため、A-Dコンバーターのサンプリングクロックも絶縁できる。

 サージ保護定格は基本絶縁が10kVpk、強化絶縁6kVで、耐電圧は5kVrms、動作電圧は350Vrmsとなっている。チャンネル別に3種類をラインアップし、パッケージは20ピンのSOIC-W。1000個購入時の単価は、いずれも5.50米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.