ニュース
» 2016年04月04日 09時00分 UPDATE

インターシル ISL68200/ISL68201:PMBus対応のハイブリッドDC-DCコントローラ

インターシルは、データセンター機器向けの電源設計を簡素化する、PMBus対応の単相デジタルハイブリッドDC-DCコントローラ「ISL68200」「ISL68201」を発表した。

[EDN Japan]

 インターシルは2016年3月、データセンター機器向けの電源設計を簡素化するPMBus対応の単相デジタルハイブリッドDC-DCコントローラを発表した。ラインアップは、MOSFETドライバ内蔵の「ISL68200」と、PWM出力を備えた「ISL68201」となる。

補償回路不要の制御ループ

 ISL68200/ISL68201は、同社独自のR4変調技術を採用し、補償回路不要の制御ループを可能にしている。R4モジュレータは、消費電力を低減する軽負荷効率動作モードを備え、優れた過渡応答性により、負荷過渡応答に応じてデューティサイクルとスイッチング周波数を調整できるという。

 また、外付けピンストラップ抵抗によるフル設定が可能で、複雑なNVMプログラミングを不要とし、標準的なエンジニアリング設計フローを提供できる。

Rel_160324_intersil.jpg デジタルハイブリッドDC-DCコントローラ「ISL68200/ISL68201」のイメージ

 入力電圧範囲は4.5〜24Vで、シングル入力レールソリューション用向けにLDOを内蔵。出力電圧範囲は0.5〜5.5V、DAC精度は±0.5%で、遠隔電圧検出機能を搭載している。SMBus/PMBus/I2C互換インタフェースを搭載し、動作速度は最高1.25MHzである。過熱、出力過電流、短絡、出力過電圧、低電圧に対する保護機能も備えた。

 パッケージは4mm角の24ピンQFNで、1000個購入時の単価はISL68200が1.95米ドル、ISL68201が1.80米ドルである。ISL68200は、外付けMOSFETを直接駆動でき、ISL68201はドライバ/MOSFETを内蔵した同社のDrMOS電力段と組み合わせることで、完全な電圧レギュレーターソリューションの実現が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.