ニュース
» 2016年04月06日 09時00分 UPDATE

マイクロチップ MCP990Xファミリー:抵抗誤差修正機能を搭載した温度センサーIC

マイクロチップ・テクノロジーは、SMBus対応の温度センサーIC「MCP990X」ファミリーを発表した。抵抗誤差修正機能を搭載し、ICから20インチ離れたダイオード温度を正確に計測できる。

[EDN Japan]

 マイクロチップ・テクノロジーは2016年3月、SMBus対応の温度センサーIC「MCP990X」ファミリーを発表した。低温環境で使用される屋外/産業用アプリケーションで、最大4チャンネルを監視できる。

サンプル周波数ホッピングフィルターを搭載

 MCP990Xファミリーは、リモートダイオード温度計測時にコネクター部および長い基板配線による電圧降下を補償する抵抗誤差修正機能を搭載。ICから20インチ離れたダイオード温度を正確に計測できる。また、DC-DCコンバーターやバックライトインバーターなどからのノイズを最小限に抑えるサンプル周波数ホッピングフィルターを搭載し、配置と配線を容易にしたという。

Rel_160331_Microchip01.jpg SMBus対応温度センサーIC「MCP990X」ファミリー

 外部/内部ダイオードの動作温度範囲は−40℃〜65℃で、最大誤差は±1℃である。2/3/4チャンネルの製品があり、システム各部の温度を少数のICで計測できる。2チャンネルの「MCP9902」では、2×2mmの小型WDFNパッケージを採用。これにより、従来の温度センサーに比べて33%小型化したとしている。3チャンネルの「MCP9903」と4チャンネルの「MCP9904」では、3×3mmのDFNパッケージを採用している。

 いずれもサンプル出荷と量産出荷を開始しており、MCP9902を使った開発を支援するMCP9902評価用ボードも提供している。同社は、「マイクロコントローラと組み合わせることで、システム開発期間を短縮できる」と語る。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.