ニュース
» 2016年04月14日 09時00分 UPDATE

IDT ZSPM1363:拡張型OTPメモリ搭載のデジタルPWMコントローラ

IDTは、大容量電源システムの最適化を可能にするデュアルフェーズ高性能デジタル電源コントローラ「ZSPM1363」を発表した。拡張型ワンタイムプログラマブル(OTP)メモリを搭載している。

[EDN Japan]

 IDTは2016年4月、大容量電源システムの最適化やモニタリング、制御を可能にするデュアルフェーズ高性能デジタル電源コントローラ「ZSPM1363」の出荷を開始した。第2世代のデジタルPWM(パルス幅変調)コントローラで、通信/サーバ/ストレージ/FPGA/インフラストラクチャなどのアプリケーションに対応するという。

拡張型OTPメモリを搭載

Rel_160407_idt.jpg デジタルPWMコントローラ「ZSPM1363」

 ZSPM1363は、拡張型ワンタイムプログラマブル(OTP)メモリを備え、複数のアプリケーション構成に対応する記憶領域を搭載している。再利用が容易で設計時間を短縮するほか、必要な外部コンポーネントが少なく、システムコストを低減できる。

 また、プログラミング後でも負荷状態の変化に対応できる、シンプルなレジスタベースの補償調整機能を搭載。これにより、チップ自体の再プログラミングを不要としている。マルチプログラマブルな補償アーキテクチャにより、高速トランジェント応答と低リップルの定常特性も両立した。

 パッケージは5×5mmの32ピンQFNで、動作温度範囲は−40℃〜125℃である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.