ニュース
» 2016年04月19日 09時00分 UPDATE

テクトロニクス 「DPO70000SX」シリーズ:IEEE 802.11ad特性評価用のテストソリューション

テクトロニクスは、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。同社の70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに搭載することで、優れたEVM(Error Vector Magnitude)測定が可能になるという。

[EDN Japan]

 テクトロニクスは2016年4月、同社の70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに対応した、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。

 今回発売されたソリューションは、マルチギガビット無線接続のシリコンとシステム設計における、IEEE 802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションとなる。同社のDPO70000SXシリーズに搭載することで、EVM(Error Vector Magnitude)が、他社製品より20%優れた確度で特性評価できるという。

Rel_160407_tektronix.jpg IEEE802.11adテストソリューション

60G〜65GHzのスペクトラムをカバー

 IEEE 802.11adは、免許不要の60GHzスペクトラム帯域(国によっては最高65.80GHz)の周波数を使用し、最高7Gbpsのデータスループットを目指している。同ソリューションは、最高70GHzの信号でのライブトリガーに対応。60G〜65GHzのスペクトラムをワンボックスでカバーするため、セットアップやデバッグを簡素化できる。

 また、オシロスコープとSDLA64シリアルデータリンクビジュアライザーによるケーブル、アッテネーター、アンプのディエンベッド機能を搭載。これにより、より優れた測定確度を可能にしている。RFと時間、各ドメイン間の相関関係も分かるため、デバッグのスピードが向上し、潜在的な問題点も詳細に観察できるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.