ニュース
» 2016年05月18日 09時00分 UPDATE

日本TI LM5165/LM5165-Q1:静止時電流10.5μAのDC-DC降圧型コンバーター

日本テキサス・インスツルメンツは、最大入力電圧65V、出力電流150mAのDC-DC同期整流降圧型コンバーター「LM5165」「LM5165-Q1」を発表した。10.5μAの低静止時電流を提供する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2016年5月、最大入力電圧65V、出力電流150mAのDC-DC同期整流降圧型コンバーターを発表した。ライアップは、産業用グレードの「LM5165」と車載グレードの「LM5165-Q1」で、いずれも静止時電流(Iq)は10.5μAとなる。

 動作電圧範囲は3〜65Vで、パルス周波数変調(PFM)制御モードとコンスタントオンタイム(COT)制御モードを搭載している。1〜10mAの軽負荷電流時の変換効率は90%と高く、常時通電のアプリケーションにおいて、電池動作時間を延長できるという。プログラマブルの電流制限機能により、インダクターのサイズも縮小できる。接合部温度は最大150℃で、従来品より高い周囲温度で動作する。

DC-DC同期整流降圧型コンバーター「LM5165」「LM5165-Q1」

BOMを削減

 また、100%のデューティサイクルにより、LDOオペレーションが可能。ハイサイド(高圧側)制御にPチャネルMOSFETを採用したことで、ブートストラップダイオードとコンデンサーを不要にした。オプションで固定出力電圧3.3Vと5Vを提供するため、外付けの帰還抵抗による分圧回路を不要とし、原材料費を低減できる。

 両製品とも、3×3mmの10ピンVSONパッケージで提供され、1000個購入時の参考単価はLM5165が1.35米ドル、LM5165-Q1が1.58米ドルとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.