ニュース
» 2016年05月20日 09時00分 UPDATE

サイプレス CY294X:110フェムト秒のRMSジッタ性能備えたオシレーター

サイプレス セミコンダクタは、高性能プログラマブルオシレーター「CY294X」ファミリーを発表した。RMSジッタ性能110フェムト秒で、非標準周波数を含む15M〜2.1GHzの周波数を生成できる。

[EDN Japan]

 サイプレス セミコンダクタは2016年5月、12k〜20MHzのオフセットで、RMSジッタ性能110フェムト秒のプログラマブルオシレーター「CY294X」ファミリーを発表した。

15MHz〜2.1GHzの周波数を生成

プログラマブルオシレーター「CY294X」

 CY294Xは、同社が特許を持つプログラマブルクロック技術を採用し、非標準周波数を含む15MHz〜2.1GHzの周波数を生成できる。業界標準のI2Cインタフェースを使用すればボード上でプログラムが可能で、1つのデバイスをハードウェア製品ファミリー全体で使用できる。

 また、40/100GbE、SyncE、IEEE1588などの高速インタフェース規格のレファレンスクロック要件を上回る性能を備えたことで、スイッチ/ルーターなどのネットワーキングアプリケーションや、高性能クロックを必要とするシステムに対応するという。

 パッケージは、5×7mmと5×3.2mmのLCC、16ピンのQFNで、現在サンプルを出荷している。量産出荷は、2016年7月に開始する予定。同社では、必要な周波数の生成やデバイス性能を確認できる評価キット「CY3676」「CY3677」、プログラミングソフトウェア「CyClockWizard 2.1」も提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.