ニュース
» 2016年05月31日 09時00分 UPDATE

マキシム SC2200:消費電力1.5W以下のデュアルチャンネルRFPAL

Maxim Integrated Productsは、基地局のシステム効率を向上させる、デュアルチャンネルRFパワーアンプリニアライザー(RFPAL)「SC2200」を発表した。2チャンネル動作時の消費電力は1.5W以下で、消費電力を最大70%削減できるという。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Productsは2016年5月、基地局のシステム効率を向上させる、デュアルチャンネルRFパワーアンプリニアライザー(RFPAL)「SC2200」を発表した。

 小規模セルMIMOやアクティブアンテナ、分散アンテナのほか、2つの異なるシンプレックス帯域が必要なシステムでの用途に向くという。

2チャンネル動作時の消費電力1.5W以下

 SC2200は、698M〜2700MHzの2〜4G規格(FDD/TDD)と1.2M〜60MHzの信号帯域幅に対応する。2チャンネルをフルで動作させた場合の消費電力は1.5W以下で、バックオフで動作する37dBmのパワーアンプに比べ、消費電力を最大70%削減できる。

 ボード占有面積は最大1平方インチで、他のデジタルプリディストーション(DPD)ソリューションの約1/8に小型化。部品コストは、他のDPDシステムに比べて最大50%削減できるという。

SC2200による通信ネットワークのイメージ

 また、プリアンプと1.8V単一電源を内蔵し、さまざまなパワーアンプのアーキテクチャや技術、パワーレベルに対して最適な動作を可能にした。TD-LTE/FD-LTEを含む、2G/3G/4Gシステムにも対応。10、13、15.36、19.2、20、26、30.72MHzの外部クロックもサポートした。

 11×11mmのSAWN QFNパッケージで、動作温度範囲は−40〜100℃である。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.