ニュース
» 2016年06月01日 13時30分 UPDATE

NDK NZ2016SDA:デジタルオーディオ向け「世界最小水晶発振器」

日本電波工業(NDK)は2016年6月、「2016サイズ」(2.0×1.6mm)のデジタルオーディオ向け低位相雑音水晶発振器「NZ2016SDA」を開発した。

[EDN Japan]

 日本電波工業は2016年6月1日、「2016サイズ」(2.0×1.6×0.8mm)のデジタルオーディオ向け水晶発振器「NZ2016SDA」を開発したと発表した。同社では、デジタルオーディオ向け水晶発振器として「世界最小」としている。

デジタルオーディオ向け水晶発振器「NZ2016SDA」

「世界最高水準」という低位相雑音性能

 NZ2016SDAは、スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーなど携帯型デジタルオーディオ機器のD-Aコンバーター(DAC)のマスタークロック向けの水晶発振器(公称周波数範囲20M〜50MHz)だ。DACの変換精度を左右する位相雑音特性を−164dBc/Hz(1kHzオフセット時/公称周波数49.152MHz、電源電圧3.3V、温度25℃時)、−169dBc/Hz(10kHzオフセット時/同)と「世界最高水準」(同社)を実現した。

新製品の位相雑音特性を示すグラフ (クリックで拡大) 出典:日本電波工業

 総合周波数許容偏差は最大±50×10−6。スマートフォンなど小型機器に搭載するため、外形サイズを小さくしただけでなく、1.8Vの低電圧動作にも対応させた。同社では、「さまざまなデジタルオーディオ機器の音質向上に貢献する」とコメントしている。

 なお、NZ2016SDAと同一仕様で、サイズの異なる「2520」(2.5×2.0mm)サイズの「NZ2520SDA」と、「3225」(3.2×2.5mm)サイズの「NZ3225SDA」も同時に製品化する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.