ニュース
» 2016年06月13日 09時00分 UPDATE

IDT VersaClock 3S:消費電力を低減するプログラマブルジェネレーター

IDTは、水晶振動子や水晶発振器などのタイミングデバイスを不要にするプログラマブルクロックジェネレーター「VersaClock 3S 5P35023/5P35021」を発表した。

[EDN Japan]

32.768KHzクロック出力を生成

プログラマブルクロックジェネレーター「VersaClock 3S」

 IDTは2016年6月、水晶振動子や水晶発振器などのタイミングデバイスを不要にする、プログラマブルクロックジェネレーター「VersaClock 3S 5P35023/5P35021」を発表した。PCI Express Gen 1、2、3など、各種標準規格の要件に適合し、産業機器やコンシューマー機器、車載機器などのアプリケーションに活用できる。5P35023は4×4mmの24ピンQFNパッケージ、5P35021は3×3mmの20ピンQFNパッケージで提供する。

 両製品は、クロックを受けるコンポーネントの電源停止状態を検知するプロアクティブ省電力機能と、性能/消費電力バランス機能を搭載。システム全体で消費電力を低減できるほか、目標とする性能を基準として、消費電力を容易に最小化できるという。

 ワンタイムプログラマブル(OTP)メモリにより、事前にプログラミングした最大4つの周波数を動的に切り替えることができる。独自のオーバーシュート低減技術を採用し、システム障害につながる不要な周波数オーバーシュートを防止する。

 5P35023は、3つのシングルエンドLVCMOS出力と2つの差動出力を備え、LVPECL/LVDS/LP-HCSL/シングルエンドLVCMOSをサポートした。5P35021は、1つのシングルエンドLVCMOS出力と2つの差動出力を装備。両製品とも、コイン電池で動作するデジタル制御発振器も搭載し、消費電流2μA未満の32.768KHzクロック出力を生成できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.