ニュース
» 2016年06月20日 09時00分 UPDATE

日本NI WLAN Measurement Suite:LabVIEWアドオンソフトウェア、11axに対応

日本ナショナルインスツルメンツは、LabVIEWアドオンソフトウェア「WLAN Measurement Suite」の新バージョンを発表した。IEEE 802.11axに対応するシステムの性能を計測できる。

[EDN Japan]

1024-QAMとOFDMAに対応

 日本ナショナルインスツルメンツは2016年6月、無線LAN計測用のLabVIEWアドオンソフトウェア「WLAN Measurement Suite」の最新版(早期アクセス版)を発表した。

 最新版では、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」ドラフト版(0.1版)に対応。同社のRF対応ベクトル信号トランシーバーを組み合わせることで、物理層の仕様に大きな変更があっても、IEEE 802.11axに対応するシステムの性能を計測できるという。

LabVIEWアドオンソフトウェア「WLAN Measurement Suite」のイメージ

 また、IEEE 802.11axの特徴ある、従来よりも密なサブキャリア配置、1024-QAM(直角位相振幅変調)、OFDMA(直交周波数分割多元接続)にも対応。付属のシステム開発ソフトウェア「LabVIEW」のサンプルコードを利用すれば、無線LANに関する計測を短期間で容易に自動化できる。

 プラットフォームをベースとする開発手法を採用し、PXI(PCI eXtensions for Instrumentation)を使用した既存のRFテストシステムでも、ソフトウェア更新のみでIEEE 802.11ax対応デバイスのテストが可能になる。IEEE 802.11axの規格策定が進行した際にも、ソフトウェアを順次更新することで、変化に対応できるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.