ニュース
» 2016年07月13日 09時00分 UPDATE

京セラコネクタ 5861シリーズ:0.35mmピッチ、嵌合高さ0.6mmのコネクター

京セラコネクタプロダクツは、極間隔0.35mmピッチ、嵌合高さ0.6mmの基板対基板用コネクター「5861」シリーズを発表した。両端の金具は定格電流5A/金具で、大電流通電を可能にした。

[EDN Japan]

電源コンタクトとしても使用可能

 京セラコネクタプロダクツは2016年7月、極間隔0.35mmピッチ、嵌合高さ0.6mmの基板対基板用コネクター「5861」シリーズを発表した。

 5861シリーズは、嵌合高さ0.6mm、奥行き寸法1.95mmの省スペース型コネクターである。デバイスの小型化、薄型化、高密度実装化に対応できる。両端を金具で覆うことで強度低下を補強し、嵌合時の位置ずれによる破損を防止する。両端の金具の定格電流は5A/金具で、大電流通電を可能とし、電源コンタクトとしても使用できるという。

 接点部は2点接点による独自の挟み込み接点形状を採用し、振動や落下衝撃などに強い構造となっている。プラグコンタクトの形状は、集中荷重を上げて異物を排除する機構にして信頼性を高めた。対応予定極数は6〜60極、使用温度範囲は−55℃〜85℃である。

基板対基板用コネクター「5861」シリーズ

 自動実装に対応し、1リール1万5000個のエンボステープ入りで提供される。サンプル価格は、40極で1セット当たり100円となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.