特集
» 2016年07月19日 11時30分 UPDATE

5つの代表的な質問に回答します:オシロスコープの「ゾーントリガー」機能って何? (1/4)

「ゾーントリガー」はオシロスコープに搭載されている機能で、従来搭載されているトリガー機能を補完するだけでなく、これまでにないトリガーを実現することが可能となっている。本稿では、オシロスコープのゾーントリガー機能に関する代表的な5つの質問に対してお答えしよう。

[Joel Woodward(Rohde & Schwarz),EDN Japan]

従来のハードウェアトリガー機能を補完

 電気回路の不具合に対する問題解決や原因究明に、広く使用される計測器がオシロスコープだ。特定の不具合波形の分離を可能にする、オシロスコープの主要な技術がトリガーになる。オシロスコープには、エッジ、グリッジ、パルス幅、パターンなど、各種イベントの切り分け用にハードウェアトリガー機能が標準搭載されている。

 一方で、今まで存在していたハードウェアトリガー機能は、まれに発生する不具合波形を時間で分離するには最適だが、それだけでは十分でない。例えば、オシロスコープの画面上に不具合波形が観測されていたとしても、通常のトリガー機能ではこうした波形を分離するのは非常に困難だ。

 ゾーントリガー機能は、こうした今まで存在していたハードウェアトリガー機能を補完するためのものである。この機能は、オシロスコープのユーザーにとって、トリガー設定に関してさらなる柔軟性をもたらしてくれる。以下に紹介する5つの質問は、「ゾーントリガー機能を利用したい」「オシロスコープベンダーが提供するゾーントリガー機能の評価を行いたい」と考えているエンジニアにとって役立つ情報となるだろう。

ゾーントリガー機能とは?

 ゾーントリガー機能を理解することで、それが効果的なケースと、効果的でないケースを区別できるようになるため、最適な使い方を選択可能になる。では、ゾーントリガーはどのようにして動作するのか? 答えは非常にシンプルである。

 図1に示すように、1つ以上のゾーンをオシロスコープの画面上に図形として描く。また、各ゾーンには、「波形が横切る」「波形が横切らない」といったパラメータを設定できる。オシロスコープは波形を捕捉するたびに、メモリ内部の捕捉波形を見に行く。

 捕捉した波形がゾーンの設定条件を満たさない場合、オシロスコープはデータを無視する。ユーザーが定義したゾーンの条件を満たす波形だけが、画面に表示されるのだ。

図1:この例では、デジタルオシロスコープ「R&S RTO2000」のゾーントリガー機能を使用して、0,1,0,1パターンのみを分離して表示している (クリックで拡大)

 通常ゾーントリガーは、エッジトリガーのように以前からハードウェアベーストリガーとして搭載されているトリガーの後段ステージで設定される。これにより、ユーザーは、従来のトリガー機能によりイベントタイプをできるだけ絞込み、その後ゾーントリガーを使用することで、より特異性の高い信号を切り分けることが可能になる。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.