ニュース
» 2016年07月21日 09時00分 UPDATE

ソフトバンクなど3社:電池で10年以上駆動するLTE Cat 1モジュール

太陽誘電は2016年7月20日、ソフトバンクとAltair Semiconductorと、3GPPが定める規格「LTE Cat 1(カテゴリー1)」に準拠したLTEモジュールを開発したと発表した。最新の標準規格「Release 13」にも対応でき、電池駆動で10年以上稼働する低消費電力化を実現できるという。

[庄司智昭,EDN Japan]

「Release 13」にも対応可能

 太陽誘電は2016年7月20日、ソフトバンクとAltair Semiconductorと、3GPPが定める標準規格「LTE Cat 1」に準拠したモジュール(バンド1と8に対応)を開発したと発表した。LTE Cat 1は、上り最大5Mビット/秒、下り10Mビット/秒の通信速度を出すことができるLTEの1種。電波の利用効率が良く、基地局など通信インフラも整っているため、IoT(モノのインターネット)機器の通信手段の1つとして、期待が高まっている。

 また、最新の標準規格「Release 13」にも対応可能で、通信レスポンスや通信回数によって異なるが、電池駆動で10年以上駆動する低消費電力化を実現できるという。今後、電池駆動が期待されているスマートメーターやIoTセンサーノード、見守りシステムといった、低消費電力を生かしたソリューションを提案していく。

太陽誘電など3社が発表したLTEモジュール (クリックで拡大) 出典:太陽誘電

 太陽誘電は、「今回、ソフトバンクが全体のサービス統括と仕様の策定を担い、Altair SemiconductorがLTEのチップセットを開発した。当社は、受動部品や通信デバイスで培ったノウハウを生かして、モジュール化を担当した」と語る。

 太陽誘電によると、価格や詳しい仕様に関しては現在、非公開。なお、太陽誘電とAltair Semiconductorは、2016年7月21〜22日にザ・プリンスパークタワー東京で開催される「SoftBank World 2016」に共同出展するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.