ニュース
» 2016年07月25日 09時00分 UPDATE

セイコーNPC SMH-01B01:全視野角35度の赤外線アレイセンサーモジュール

セイコーNPCは、遠赤外線用Siレンズ光学系と検出回路、制御用MCUを1つの基板上に実装した、8×8画素サーモパイル型赤外線アレイセンサーモジュール「SMH-01B01」を開発した。

[EDN Japan]

環境温度検出機能と温度補正係数を内蔵

8×8画素サーモパイル型赤外線アレイセンサーモジュール「SMH-01B01」

 セイコーNPCは2016年7月、遠赤外線用Siレンズ光学系と検出回路、制御用MCUを1つの基板上に実装した、8×8画素サーモパイル型赤外線アレイセンサーモジュール「SMH-01B01」を開発したと発表した。

 SMH-01B01は、センサーICをCOB(Chip On Board)実装した上に全視野角35度のSiレンズ光学系を搭載。10ビットA-Dコンバーター付きMCUで、各画素の換算放射温度と環境温度を、I2Cインタフェースでデジタル出力できる。放射温度分解能は±1.5℃で、バンドギャップ型温度センサーによる環境温度検出機能と温度補正係数を内蔵した。

 フレームレートは4フレーム/秒(fps)、2fps、1fpsで、ソフト切り替えが可能。20〜200倍の倍率可変プリアンプを内蔵し、制御ソフトによるオートレンジ切り替えで、広い温度範囲を測定できる。

 電源電圧は5.0V±5%、消費電流は標準5mA、保存温度は−40〜100℃、動作温度は−20〜100℃、温度特性確認範囲は5〜45℃となる。モジュールサイズは16×25×7.8mmで、簡易サーモグラフィー装置、エアコン、電子レンジなどの用途に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.