ニュース
» 2016年08月18日 09時00分 UPDATE

アドバンテスト MPT3000HVM:量産試験に対応する省スペースSSDテストシステム

アドバンテストは2016年8月、高密度実装のモジュールを採用し、省スペース化したSSDテストシステム「MPT3000HVM」を発表した。同測数に応じてスケーラブルにシステム構成を選択でき、エンタープライズSSD、クライアントSSDの量産試験に使用できるという。

[EDN Japan]

主要なプロトコルを1台でカバー

SSDテストシステム「MPT3000HVM」

 アドバンテストは2016年8月、高密度実装モジュールを採用し、同社従来品に比べて省スペース化したSSDテストシステム「MPT3000HVM」を発表した。同測数に応じてスケーラブルにシステム構成を選択可能で、エンタープライズSSD、クライアントSSDの2つの量産試験に使用できる。

 MPT3000HVMは、SAS 12G、SATA 6G、PCIe+NVMe、PCIe+AHCIなど、SSDの主要なプロトコルを1台で全てカバーする。交換可能なインタフェースボードにより、U.2、M.2、AICなどの形状に対応し、DUT(Device Under Test)の品種交換も数分で実行できる。

 また、DUTごとに独立した試験機能と独自のハードウェアアクセラレーターを装備。25Wまでの電力と温度制御に対応し、多くの電力が必要な高機能SSDにも利用できる。

 OSは、独自の「Stylus」を搭載した。テスト手法に関するライブラリとデバッグ機能を備え、テストに習熟していないユーザーでも簡単にテストフローを構築できる。テスト上級者には、C、C+言語とAPIを用いて、希望のテスト手法の構築が可能としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.