ニュース
» 2016年08月22日 09時00分 UPDATE

モレックス Micro-Fit TPA 1列リセプタクル:ハウジングとTPAを一体化したリセプタクル

日本モレックスは2016年8月、ターミナル位置固定機構とハウジングを一体化したワンピース型の新製品「Micro-Fit TPA 1列リセプタクル」を発表した。端子の確実な位置決めと二次ロック機構を搭載しており、端子脱落を低減。製品不良の防止に貢献するという。

[EDN Japan]

確実な位置決めと二次ロック機構で端子脱落を低減

Micro-Fit TPA 1列リセプタクル

 日本モレックスは2016年8月、ターミナル位置固定機構(TPA)を別部品とせず、ハウジングに組み込んだワンピース型の製品「Micro-Fit TPA 1列リセプタクル」を発表した。

 Micro-Fit TPA 1列リセプタクルは、端子の確実な位置決めと二次ロック機構を搭載し、製品不良につながる端子の抜け落ちを低減する。また、ハウジングに組み込まれたTPAは、端子が正しい位置に設置されない限り閉じることができない機構を採用している。

 リセプタクルは、既存のMicro-Fit 3.0コネクターと各種クリンプターミナル製品との後方互換性を持つ。そのため、既存の製品設計を大幅に変更することなく、新しいTPAリセプタクルを導入できるという。1列リセプタクル、電線対電線と電線対基板タイプ、極数は2〜7極を展開し、8〜12極バージョンは個別に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.