ニュース
» 2016年08月30日 09時00分 UPDATE

リニアテクノロジー LTM4631:共通のヒートシンクで設置できるレギュレーター

リニアテクノロジーは、デュアル10Aまたはシングル20Aのパワーモジュール降圧レギュレーター「LTM4631」を発売した。共通のヒートシンクの下で、FPGAなどの負荷のすぐ近くに設置することができる。

[EDN Japan]

1.91mmの超薄型LGAパッケージ

 リニアテクノロジーは2016年8月、デュアル10Aまたはシングル20Aのパワーモジュール降圧レギュレーター「LTM4631」を発売した。

 LTM4631は、共通のヒートシンクの下、FPGAなどの負荷のすぐ近くに設置することが可能だ。16×16×1.91mmの超薄型LGAパッケージに収容されているので、PCBの裏面に実装でき、PCB表面のスペースをDDR-QDRメモリやトランシーバーICなどの部品に充てることができる。

LTM4631の製品イメージ

 アプリケーションには、組み込みシステム、データ・ストレージ・システム、ゲートウェイ・コントローラー、40G〜100Gビット/秒ネットワーク装置のプラグイン・カードやメザニン・カードなどがある。

出力電流分担により20A〜40A供給も

 また、過電圧および過電流保護機能を特長とする。入力電圧範囲は4.5V〜15Vと広く、全DC出力電圧誤差は−40℃〜125℃で最大±1.5%であり、0.6V〜1.8Vの出力電圧を安定化する。2つの出力は180°位相をずらして動作し、それぞれの出力が10Aを供給可能だ。また、出力電流を分担すれば20Aを供給できる。さらに2個のLTM4631を接続して電流を分担することにより、入力・出力リップル電流を最小限に抑えながら、最大40Aを供給することもできる。

 参考単価は1000個購入時で24.88ドルから。同社の国内販売代理店経由で販売される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.