ニュース
» 2016年09月02日 09時00分 UPDATE

インフィニオン TLx496x:消費電流1.6mA以下の低消費電力ホールセンサー

インフィニオンテクノロジーズは、消費電流1.6mA以下のホールセンサー「TLx496x」ファミリーを発表した。ホール素子や電圧レギュレーター、チョッパ、発振器、出力ドライバーを1チップに集積した。

[EDN Japan]

1チップにホール素子、電圧レギュレーター、チョッパ、発振器など

 インフィニオンテクノロジーズは2016年8月、消費電流1.6mA以下のホールセンサー「TLx496x」ファミリーを発表した。ラインアップは、車載用途向けの「TLE496x」シリーズ、産業用途向けの「TLI496x」シリーズ、家庭用電化製品向けの「TLV496x」シリーズの3種をそろえた。

ホールセンサー「TLx496x」ファミリー

 TLx496xファミリーは、ホール素子や電圧レギュレーター、チョッパ、発振器、出力ドライバーを1チップに集積。受動部品が2〜4個ほど不要になるため、回路基板に占めるスペースを削減できる。消費電流は1.6mA以下で、同等品に比べて消費電力を約50%低減した。

車載、産業、家電向けを用意

 車載用途向けのTLE496xは、動作電圧が3.0〜5.5V、動作温度範囲が−40〜+170℃となる。パワーウインドー、サンルーフ、トランクロック、ワイパー、BLDCモーターなどの制御回路に活用できる。

 産業用途向けのTLI496xは、TLE496xと同等の機能を備え、半導体技術協会(JEDEC)の品質規格「JESD47」に準拠した−40〜+125℃の温度範囲で動作する。電動アシスト自転車やPC内のファン、建物の自動化におけるBLDCモーターのほか、建物のセキュリティ/防犯、白物家電の開/閉状態の検出などにも活用できる。

 家庭用電化製品向けのTLV496xは、消費電流が1.6mAで、ESD保護は最大4kVH HBM(Human Body Model)。非接触の位置検出向けに開発されたもので、動作温度範囲は−40〜+125℃となる。主な用途は、白物家電のBLDCモーター、エアコンのコンプレッサー、PCのファン、ブラインドやガーデンツールなど。出力には、過電流保護機能を備え、高温時は自動でオフできる。

 3シリーズとも既に量産を開始し、ラッチ型とスイッチ型のセンサーを用意している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.