ニュース
» 2016年09月09日 09時00分 UPDATE

パナソニック AIS PhotoICカプラ:転送レート50Mビット/秒を実現したフォトカプラ

パナソニック AISは、転送レート50Mビット/秒のフォトカプラ「PhotoICカプラ」を発表した。耐ノイズ性能に優れ、高温下でも動作可能なため、産業機器の高速通信に活用できる。

[EDN Japan]

高温での動作も可能

 パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(AIS)は2016年9月、転送レート50Mビット/秒のフォトカプラ「PhotoICカプラ」を発表した。モータやプログラマブルロジックコントローラ(PLC)などの産業機器、パワーコンディショナーや蓄電池などのエネルギーマネジメント機器、各種I/Oインタフェースに活用できる。

 従来の汎用フォトカプラは、LEDとトランジスタで構成されており、転送レートは1Mビット/秒が最大だったという。PhotoICカプラは、独自の高速動作用LEDと受光ICを搭載することで、転送レート50Mビット/秒と高速通信が可能になったという。

「PhotoICカプラ」の製品外観

 また、同製品では、受光IC側にシールドを設けることで、高い耐ノイズ性能を有している。ノイズ信号に対する誤動作のしにくさを表す指標である、瞬間同相除去電圧(CMTI)が15kV/マイクロ秒以上で、ノイズの影響を受けにくくなっている。

 高出力のLEDと、高効率の受光ICを組み合わせることで、高温での動作も可能。動作保証−40〜+105℃、小型化、部品点数の増加による機器の高温化にも対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.