ニュース
» 2016年09月20日 09時00分 UPDATE

富士通コンポーネント FWM8SGZシリーズ:920MHz帯でGPS情報を送信するロケーション端末

富士通コンポーネントは、920MHz帯特定小電力無線を利用してGPS位置情報を送信するロケーション端末「FWM8SGZ」シリーズを発表した。用途に応じたタイミングで位置情報を送信できる。

[EDN Japan]

親機1台で複数のロケーション端末との通信が可能

FWM8SGZシリーズの実装例

 富士通コンポーネントは2016年9月、920MHz帯特定小電力無線を利用してGPS位置情報を長距離送信するロケーション端末「FWM8SGZ」シリーズを発表した。GPS機能、加速度センサー、タイマーなどを内蔵し、用途に応じて位置情報を送信できる。現在、サンプルを供給中で、受注開始は同年10月からとなる。価格はオープンだ。

 位置情報を管理統括する親機側には、FWM8SGZシリーズとの通信を確立するため、特定小電力無線モジュールの搭載が必要だが、これにより親機1台で複数のロケーション端末との通信が可能になる。多くの人・物の位置確認、作業・配送車両や家畜の管理など、広範囲で多くの対象を把握する業務に適しているという。無線規格は、特定小電力無線ARIB STD-T108に準拠し、免許は不要である。

 データ送信のタイミングには4つのモードがある。10〜500秒の範囲で設定したタイミングで、一定時間ごとに送信する「定期送信モード」、動きの少ない対象物に対し内蔵加速度センサーが動きを感知すると送信する「加速度センサー同期モード」、ロケーション端末側から随意で送信する「強制送信モード」、親機からのリクエストに応じロケーション端末側から送信する「リクエストモード」となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.