ニュース
» 2016年10月11日 09時00分 UPDATE

村田製作所 DLW43MHシリーズ:BroadR-Reach対応のコモンモードチョークコイル

村田製作所は2016年9月、車載イーサネット規格「BroadR-Reach」に対応したコモンモードチョークコイル「DLW43MH」シリーズを発表した。独自の巻線技術でワイヤ間の静電浮遊容量バランスをコントロールすることにより、モード変換特性などを得ることに成功したという。

[EDN Japan]

コモンモードインダクタンスは200μH

「DLW43MH」シリーズの製品外観

 村田製作所は2016年9月、車載イーサネット規格「BroadR-Reach」に対応した、コモンモードチョークコイル「DLW43MH」シリーズを発表した。ノイズ対策に有効だという。

 DLW43MHシリーズは、100kHzにおけるコモンモードインダクタンスが200μHとなっている。独自の巻線技術をベースに、ワイヤ間の静電浮遊容量バランスをコントロールすることで、モード変換特性などを得ることに成功している。

 外形寸法は、4.5×3.2×2.7mm。今後さらなる小型化を図るとする。また、米国の車載電子部品評議会(AEC)の標準規格であるAEC-Q200に準拠している。

 定格電圧20V、定格電流は110mA。直流抵抗は最大4.5Ωで、絶縁抵抗は最小10MΩとなっている。自動車市場においては、自動運転に向けて、周辺を検知する車載カメラが標準装備されるようになっている。それに伴い、大量のデータ伝送が可能な高速差動インタフェースが必要とされ、BroadR-Reach(100Mビット/秒)の導入が進んでいるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.