ニュース
» 2016年10月14日 16時30分 UPDATE

横河M&I DLM2000/4000:オシロスコープベースの「PSI5」解析機能を発売

横河メータ&インスツルメンツは2016年10月13日、ミックスドシグナルオシロスコープ「DLM2000/DLM4000シリーズ」向けに車載シリアル通信プロトコル「PSI5(Airbag V2.1)」の解析機能オプションを発売した。

[EDN Japan]

検出内容に合わせて色分け表示

 横河メータ&インスツルメンツは2016年10月13日、ミックスドシグナルオシロスコープ「DLM2000/DLM4000シリーズ」(以下、DLMシリーズ)向けに車載シリアル通信プロトコル「PSI5(Airbag V2.1)」(以下、PSI5バス)の解析機能オプションを開発し、販売を開始したと発表した。同社によると「オシロスコープベースのPSI5バス専用解析機能の提供は世界初」としている。

 PSI5バスは、エアバッグ用車載センサーとECU間の通信に広く採用されている車載シリアル通信だ。オプションとして販売が始まったPSI5バス解析機能は、オシロスコープが取り込んだPSI5バスの波形をデコードし、その検出内容に合わせて色分け表示できる。

PSI5デコード例 (クリックで拡大) 出典:横河メータ&インスツルメンツ

デコード結果の検索も

 加えて、同期パルス、フレーム、データのビットパターンでのトリガ計測や波形を取り込んだ後に多様な条件によるデコード結果の検索が行える。イベントの発生タイミングや種類のリスト表示の他、デコードしたデータの変化を直観的に観測するために、特定スロットのデータを連続的にアナログ変換して波形として表示するユニークなトレンド表示もサポートしている。

トレンド表示例 (クリックで拡大) 出典:横河メータ&インスツルメンツ

 DLMシリーズの最大250Mポイントメモリモデルを使用すれば、約20秒間の測定、最大40万件のイベント情報を保持可能。イベント情報は、CSV形式でファイルで保存でき、PCを使った処理も行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.