ニュース
» 2016年11月14日 09時00分 UPDATE

シリコン・ラボ Thunderboard Sense:バッテリー駆動の無線センサーノード向け開発キット

シリコン・ラボラトリーズは、バッテリー駆動の無線センサーノードに必要となるハードウェアとソフトウェアを全て搭載した、センサークラウド開発キット「Thunderboard Sense」を発表した。

[EDN Japan]

6基のオンボードセンサーを搭載

 シリコン・ラボラトリーズは2016年11月、バッテリー駆動の無線センサーノードに必要となるハードウェアとソフトウェアを全て搭載した、センサークラウド開発キット「Thunderboard Sense(SLTB001A)」を発表した。同社の「Thunderboard開発キット」ファミリーの最新版で、バッテリー駆動型センサーノードのクラウド接続に必要となるセンサー技術や演算処理技術、各種の接続方式を提供するという。

 新機能をパッケージ化したThunderboard Senseの「インスピレーションキット」では、オンボードセンサー6基と、マルチプロトコル型クラウド接続用の「Wireless Gecko SoC」、OTA(無線)アップデート用の8Mバイト外部フラッシュメモリ、プログラミングとデバッグを簡略化するオンボード「SEGGER J-Link」が含まれている。導入後、すぐに使用可能なクラウド接続IoTモバイルアプリを同梱し、クラウド上での情報収集やデータ解析に必要となる各種センサーデータをリアルタイムに収集、閲覧が可能だ。

センサークラウド開発キット「Thunderboard Sense」

 Thunderboard Senseを構成するデバイスの詳細は、以下となる。

  • 2.4GHzのオンチップアンテナ付きワイヤレスSoC「EFR32 Mighty Gecko」
  • 8ビットのマイクロコントローラー「EFM8 Sleepy Bee」
  • 相対湿度/温度センサー「Si7021」
  • 指数/環境光センサー「Si1133 UV」
  • 気圧センサー「BMP280」
  • 屋内大気質ガスセンサー「CCS811」
  • 6軸MEMSセンサー「ICM-20648」
  • MEMSマイクロコントローラー「SPV1840」
  • 高輝度RGB LED
  • プログラミングとデバッグを簡素化するオンボード「SEGGER J-Linkデバッガ」
  • 仮想COMポートとデバッグ用インタフェースを兼ねたUSB マイクロBコネクター
  • エネルギー消費量のプロファイリングと無線ネットワークのデバッグ用ミニSimplicityコネクター
  • 外付けブレッドボードの接続を容易にするBreakout仕様20ピン
  • 「CR2032」ボタン電池ソケットおよび外部バッテリー用コネクター

 基板サイズは30×45mmで、ハードウェア回路図やモバイルアプリ、クラウド型ソフトウェアなどは無償で配布する。同キットにより、ボードをUSBケーブルでノートPCに接続するだけで、Simplicity Studioの各ツールや無償モバイルアプリ、各種のIoTデモが使用でき、すぐに無線センサーノードの開発に着手できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

大手メーカー求人・人気ランキング

研究開発<自動運転の研究>

機構設計<車載用・蓄電用リチウムイオン電池モジュール>

制御システム開発<エンジン/モータ・燃料電池/車両/車載電装システム>

クボタ New!

機械設計<農機/建機/エンジン>

京セラ New!

電気回路設計<車載用カメラモジュール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.