ニュース
» 2016年12月05日 09時00分 UPDATE

ザイリンクス VU31Pなど:CCIX技術と広帯域メモリを搭載した16nm FPGA

ザイリンクスは2016年11月、16nm Virtex UltraScale+ FPGAファミリーの新製品を発表した。プロセッサとFPGA間のデータ共有をシームレスにするキャッシュコヒーレントインターコネクト(CCIX)技術と広帯域メモリ(HBM)を搭載している。

[EDN Japan]

演算処理の多いアプリケーション向け

 ザイリンクスは2016年11月、プロセッサとFPGA間のデータ共有をシームレスにするキャッシュコヒーレントインターコネクト(CCIX)技術と広帯域メモリ(HBM)を搭載した16nm Virtex UltraScale+ FPGA「VU31P」「VU33P」「VU35P」「VU37P」を発表した。既に量産出荷を開始している。

 今回発表のVirtex UltraScale+ファミリー4製品は、DDR4 DIMMに比べて20倍の高帯域幅を持ち、消費電力を1ビット当たりで4分の1に抑えた。さらに、CCIX IPによって任意のCCIX対応プロセッサに演算アクセラレーションアプリケーションを割り当てたキャッシュコヒーレントアクセラレーションを可能にした。

 4製品には、第3世代のCoWoS(Chip on Wafer on Substrate)技術を利用。同社では、機械学習やイーサネット接続、8K映像などの演算処理の多いアプリケーションに適した製品とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.