ニュース
» 2016年12月20日 09時00分 UPDATE

ラピスセミコンダクタ ML7345:160M〜960MHzの帯域に対応する無線通信LSI

ラピスセミコンダクタは、160M〜960MHzに対応し、世界各国のサブギガ帯域をカバーする無線通信LSI「ML7345」を発表した。日本のARIB STD-T108規格や世界規格の「IEEE 802.15.4g」、欧州の無線メーター規格「Wireless M-bus」の2013年版に対応している。

[EDN Japan]

世界各国の無線規格に対応

無線通信LSI「ML7345」

 ラピスセミコンダクタは2016年12月、160M〜960MHzに対応し、世界各国のサブギガ帯域をカバーできる無線通信LSI「ML7345」を発表した。

 ML7345は、受信起動にかかる時間を短縮することで受信強度検出までのトータル時間を約1ミリ秒とし、内蔵タイマーのみ動作するスリープ時の電流も0.9μAに抑えた。動作保証の温度範囲内であれば、送信パワー変動を±1dB以下に抑えることができる。そのため、環境変化による影響も低減しているという。

 また、日本の規格「ARIB STD-T108」や世界規格の「IEEE 802.15.4g」に準拠し、欧州の無線メーター規格Wireless M-busの2013年版にも対応した。さらに、中国市場に対応した「ML7345C」は、アンテナ端出力で100mWの出力が可能だ。

 160M〜960MHzのサブギガ帯を1個のLSIで対応できるため、世界各国で使用するスマートメーターやセンサーネットワークなどの装置に応用できるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

電気設計(変圧器)

京セラ New!

ソフト設計<車載用カメラモジュール>

回路設計<パワーエレクトロニクス>

機械設計<電気自動車向け充電器>

プロジェクトマネージャー<シャシーシステムコントロール>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.