ニュース
» 2016年12月26日 09時00分 UPDATE

STマイクロ ST33HTPH2ESPIなど:TPMによって拡張したセキュリティモジュール

STマイクロエレクトロニクスは2016年12月、システム認証用データをハードウェアに記録するセキュリティモジュール「ST33HTPH2ESPI」と「ST33HTPH20SPI」を発表した。

[EDN Japan]

CCとTCGの認証を取得

画像はイメージです

 STマイクロエレクトロニクスは2016年12月、コンピュータやスマートなコネクテッドデバイスをサイバー攻撃から保護するシールド機能を持つセキュリティモジュール「ST33HTPH2ESPI」と「ST33HTPH20SPI」を発表した。暗号鍵やソフトウェア測定値などのシステム認証用データを、アクセスや改変のできないハードウェアに記録する。

 ST33TPHF2ESPIは、ISOとIECから国際標準規格として承認されている「TPM 1.2」「TPM 2.0」両方に対応。ST33TPHF20SPIは、TPM2.0に対応し、内蔵の不揮発性メモリに最大110Kバイトまでデータを保存できる。TPM1.2と2.0のプロテクションプロファイルに関するCommon Criteria(CC)とTrusted Computing Group(TCG)の認証を取得済み。米連邦情報処理基準(FIPS)140-2の認証も取得中という。

 認証処理に対応する暗号化アルゴリズムRSAとECCのEndorsement Key(EK)を搭載し、GlobalSignが発行する鍵証明書によって、正当性の保証が受けられる。

 同社は、アクセスや改変できないハードウェアに認証用データを記録できるため、PCやサーバ、プリンタなどのサイバー攻撃からの耐性を向上するのに適した製品としている。両製品ともに量産を開始しており、TSSOP28またはQFN32パッケージで提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.