ニュース
» 2016年12月27日 09時00分 UPDATE

NXP OL2385ファミリー:SIGFOXなどに対応したワイヤレストランシーバー

NXPセミコンダクターズは、ワイヤレストランシーバー・プラットフォーム「OL2385」ファミリーを発表した。SIGFOXやXemexのW-Bus、ZigBeeのIEEE 802.15.4などのプロトコルに対応する。

[EDN Japan]

1MHz時−127dBcの位相ノイズ

 NXPセミコンダクターズは2016年12月、複数のプロトコルに対応する、サブギガヘルツ帯のワイヤレストランシーバー・プラットフォーム「OL2385」ファミリーを発表した。SIGFOXやXemexのW-Bus、ZigBeeのIEEE 802.15.4などのワイヤレスプロトコルに対応。日本の規格「ARIB T108」にも準拠しているという。

 868MHz帯および915MHz帯における位相ノイズは、1MHz時に−127dBcとなっている。また、ネットワークアプリケーション向けの双方向RFチャネルと共通変調スキームにより、160M〜960MHzまでの周波数帯域をカバーする。

 送信出力は14dBmで、ETSI制限に準拠した。フル出力時の送信消費電流は29mA、受信消費電流は11mA未満と低消費電力だ。1MHz時ブロッキング性能は60dB、イメージ除去比は同等製品に比べて約10dB向上したとする。

「OL2385」のブロック図 (クリックで拡大) 出典:NXP Semiconductors

 レファレンス・デザインはSIGFOXの検証済みで、開発サイクルを短縮化する。サンプルと開発ボードは提供中で、事前プログラム済み製品の量産は2017年第4四半期末の開始予定とした(W-BusとIEEE 802.15.4対応製品は、2017年第2四半期末に開始予定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.