ニュース
» 2017年01月19日 09時00分 UPDATE

ソシオネクスト SC2A20:直接分散処理が可能になるSoCを搭載したサーバ

ソシオネクストは2016年12月、同社のマルチコアプロセッサ「SC2A11」と新規開発のCPU間高速通信技術を組み合わせた、大規模で高効率分散処理を実現したサーバを発表した。従来システムと同等の分散処理能力で、消費電力を最大3分の1まで削減できるという。

[EDN Japan]

消費電力を最大3分1まで削減

 ソシオネクストは2016年12月、同社のマルチコアプロセッサ「SC2A11」と新規開発のCPU間高速通信技術を組み合わせた、大規模で高効率分散処理を実現するサーバを発表した。従来システムと同等の分散処理能力で、消費電力を最大3分の1まで削減できる。

 同社は、独自のCPU間高速通信技術「Socionext DDT(直接データ書き込み、読み出し方式)」を開発し、同技術を実装したスイッチSoC「SC2A20」を提供してきた。同社ではSC2A20を活用して、SC2A11をクラスタ接続したサーバを開発した。

スイッチSoC「SC2A20」

 同サーバは、CPUおよびOSの仮想化をせずに、複数の物理CPUに直接書き込み、読み出しを行う直接分散処理コンピューティングを可能にしている。その結果、仮想化によるオーバーヘッドで生じる消費電力を低減でき、試作機では従来システムに比べて消費電力を最大3分の1まで削減できることを確認したという。

 大規模分散処理ファイルシステム「Apache Hadoop」を使用したベンチマークTeraSortでは、7CPU使用時に25Gバイトのデータ処理が605秒で完了したという。これと同等の処理速度を実現するには、高速スイッチと複数サーバから構成されるシステムが必要であったが、同サーバを活用すれば単一の筐体で実現できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.