ニュース
» 2017年01月20日 09時00分 UPDATE

ルネサス HADプラットフォーム:ECU開発期間を短縮する自動運転プラットフォーム

ルネサス エレクトロニクスとTTTech Computertechnikは共同で、車載制御ユニット(ECU)のプロトタイプ開発期間を短縮する「HADプラットフォーム」を開発した。

[EDN Japan]

実車でプロトタイプECUの開発評価が可能

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2017年1月、オーストリアのTTTech Computertechnik(以下、TTTech)と共同で、車載制御ユニット(ECU)のプロトタイプ開発期間を短縮する「HAD(Highly Automated Driving:高度自動運転)プラットフォーム」を開発したと発表した。2016年10月に発表した「HADソリューションキット」を拡張したもので、ISO26262で定義されるASIL Dへの対応を想定している。

 同プラットフォームは、ルネサスの車載用SoC「R-Car H3」と車載制御用マイコン「RH850/P1H-C」を搭載したハードウェアキットに、TTTechのADAS(先進運転支援システム)向けソフトウェアプラットフォーム「TTIntegration」を組み合わせた。

 R-Car H3は自動車用安全度水準のASIL Bに、RH850/P1H-CはASIL Dに対応。プラットフォームの筐体には、放熱と振動対策が施されたアルミニウムを採用している。動作温度範囲は−40〜85℃で、車載向け電源も直接接続できる。これらの機能により、実車でプロトタイプECUの開発評価ができるため、自動運転向けECUの早期開発に対応する。

ルネサスとの共同開発によるTTTechのHADプラットフォーム

 またTTIntegrationは、複数の制御用マイコンやSoC上で複数のソフトウェアを統合できる。PCのシミュレーションツール環境を使用してHADプラットフォームとPC間でのデータ共有も可能で、ECUを複数のチームで並行開発する環境を構築可能とした。

 同プラットフォームの価格と販売時期は未定だが、TTTechが販売を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.