ニュース
» 2017年01月23日 09時00分 UPDATE

リニアテクノロジー SmartMesh VManager:1000以上のワイヤレスノードを管理可能にしたWSN

リニアテクノロジーは、SmartMesh IP ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の機能を拡張した。単一ネットワーク内で1000以上のノードをサポートするネットワーキングソフトウェア「SmartMesh VManager」や低消費電力のローミングノード機能を搭載した。

[EDN Japan]

平均消費電流を3μA未満に低減

 リニアテクノロジーは2017年1月、同社のSmartMesh IP ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の機能を拡張したことを発表した。新機能のネットワーキングソフトウェア「SmartMesh VManager」により、単一ネットワーク内で1000以上のノードをサポートする他、低消費電力のローミングノード機能を備えた。

 SmartMesh VManagerは、x86ベースのバーチャルマシン上で動作し、メッシュネットワークの容量を数千ノードに増やすことができる。ネットワークマネジャーは、VManagerと100ノード未満のネットワークに対応した「EManager」から選択できる。

SmartMesh IP ワイヤレスメッシュネットワークのイメージ

 新たなローミングノード機能となる「Blink」モードは、ノードが1日に数回メッシュに出入りしてデータを送るアプリケーションにも対応。同機能を使用すれば、ワイヤレスセンサーノードの平均消費電流を3μA未満に抑えることができる。

 SmartMeshは、産業用IoTに必要となる信頼性と安全性を実現するために構築されたネットワークである。SmartMesh IP製品は、6LoWPAN規格とIEEE 802.15.4e規格に対応し、ワイヤレスメッシュネットワークで有線のような信頼性を確保。屋内外いずれの環境においてもバッテリー駆動のIoTセンサーを安全に設置できるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.