連載
» 2017年01月26日 11時00分 UPDATE

Q&Aで学ぶマイコン講座(34):RAMで命令を実行する方法 (1/3)

マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初級者の方からよく質問される「RAMで命令を実行する方法」です。

[菅井賢(STマイクロエレクトロニクス),EDN Japan]

過去の質問一覧はこちら

 素朴な疑問から技術トラブルなどマイコンユーザーのあらゆる悩みに対し、マイコンメーカーのエンジニアが回答していく連載「Q&Aで学ぶマイコン講座」。

 今回は、初級者から多く寄せられる質問です。

 マイコンのマニュアルで「RAMでプログラム実行時」「RAM実行(ウェイトなし)」といった記載を目にすることがあります。RAMでもプログラムを実行できるのでしょうか? RAMでプログラム実行できるのであれば、どのようにすれば実行できるのでしょうか? また、RAMでプログラムを実行するメリット、デメリットも教えてください。

 マイコンの仕様によりますが、内蔵RAMでもユーザーのプログラムを実行できるマイコンがあります。内蔵RAMにユーザーのプログラムをロードし、実行する方法は、マイコンによって異なります。マイコンのマニュアルで、可能かどうかを確認して、可能な場合はマニュアルに記載してある方法に従って設定してください。統合開発環境(IDE)によって設定する場合もありますので、その場合は、IDEのマニュアルを確認してください。

 ARM Cortex-Mプロセッサを搭載したマイコン「STM32ファミリ」(STマイクロエレクトロニクス製)の場合、直接内蔵RAMに命令をロードする方法と、フラッシュメモリから命令をRAMに転送してから実行する方法が選択できます。

 RAMで命令を実行すると、ウェイトサイクルが入りません。またフラッシュメモリモジュールとRAMモジュールの消費電流を比較すると、RAMの方が少ないので、フラッシュメモリを止めてRAMだけで動作させると、低消費電力になります。ただし、RAMはフラッシュメモリに比べて容量が小さく、プログラムサイズに限界があります(図1参照)。

図1 図1:内蔵RAMでプログラムを実行する方法 (クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.