ニュース
» 2017年01月26日 09時00分 UPDATE

ケル FASシリーズ:1.5mmピッチコネクターにケーブル中継タイプ追加

ケルは、1.5mmピッチのドロワーコネクター「FAS」シリーズに、ケーブル中継タイプを追加した。ケーブル対ケーブルのコネクターで、任意の場所に3段階の時差接触を設定できる。

[EDN Japan]

最大±1.4mmのフローティング機構を採用

ドロワーコネクター「FAS」シリーズ ケーブル中継タイプ

 ケルは2017年1月、1.5mmピッチのドロワーコネクター「FAS」シリーズに、ケーブル中継タイプを追加したと発表した。ケーブル対ケーブルのコネクターで、任意の場所に3段階の時差接触(3段活線挿抜)を設定できる。長さ別に3種類をそろえた。

 ドロワーコネクターとは、ユニット間のズレを吸収するコネクターだ。コピー機などのトナーや給紙トレーなどを本体に接続する際に使用する。FASシリーズは、フローティング機構の他、篏合誤差XY方向に±3mm吸収する吸い込み機構を搭載。嵌合場所が見えない部分の接続でも、容易な誘い込みを可能にした。

 新発売のケーブル中継タイプは、コネクターの誘い込み角度を広げることで、斜めからの篏合時の位置調整が容易になった。XY方向に最大±1.4mmのフローティング機構を設け、さらに誘い込み量をXY方向に±3mmとした。誘い込み時にコネクター同士が真っすぐになってから接触する構造を採用し、ピン座屈を防止する。

 有効嵌合長は3.4mmで、コンタクト挟み込み2点接触を採用。AWG#24〜28のディスクリートケーブルに対応し、定格電流はAWG#24で2.4Aを確保した。極数は4〜40極まで2極刻みで19種類をそろえ、サンプル価格は40極で1セット1000円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.