展示会:テクノフロンティア2017
ニュース
» 2017年02月14日 09時00分 UPDATE

IDT P8800:DDR4 NVDIMM向けの高集積パワーマネジメントIC

IDTは2017年1月、DDR4 NVDIMMアプリケーション向けの高集積パワーマネジメントIC「P8800」を発表した。従来のカスタムディスクリート実装の機能を1チップに集積している。

[EDN Japan]

過電圧、低電圧、過電流に対する入力/出力保護機能

 IDTは2017年1月、DDR4 NVDIMMアプリケーション向けの高集積パワーマネジメントIC「P8800」を発表した。従来のカスタムディスクリート実装の機能を1チップに集積し、DIMM上の電圧生成、電源スイッチオーバー、過電流/過電圧保護を管理できる。

高集積パワーマネジメントIC「P8800」

 従来のNVDIMMパワー製品は、コントローラーや電圧レギュレーター、ダイオード、さまざまな受動部品で構成されたディスクリート実装が一般的だが、P8800はこれらの機能を1チップに集積した。密度スケーリング、電源シーケンシング、ストレージクラスメモリをサポートし、完全にプログラムできるという。

 入力電圧範囲は3.5〜13.8Vで、自動または信号ベースで補助電源への切り替えが可能。過電圧、低電圧、過電流に対する入力/出力保護機能を備えている。また、集積された入力電源の突入電流を制御する他、MOSFETを遮断して逆電流を防止する。

 同社のNVDIMM対応メモリインタフェース製品と組み合わせることで、データセンターやクラウドの機能と信頼性向上が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.