ニュース
» 2017年02月15日 09時00分 UPDATE

ローデ・シュワルツ RTO2064:波形更新レート100万回/秒のオシロ、6GHz帯に対応

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、デジタルオシロスコープ「R&S RTO2000」シリーズに、6GHzモデルを追加した。16ビットの垂直解像度と、波形更新レート100万回/秒の性能を備えている。

[EDN Japan]

波形更新レート100万回/秒

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2017年2月、デジタルオシロスコープ「R&S RTO2000」シリーズに、6GHzモデルの「RTO2064」を追加し、発売した。最大16ビットの垂直解像度を備え、微小信号の細部まで詳細に解析できる。

 6GHzの帯域幅に対応したことで、高速通信インタフェースに加え、5GHz帯域のIEEE 802.11acコンポーネントの無線インタフェースなどもテストできる。また、複数の測定機能を1ボックスに搭載したことで、マルチドメイン機能も装備した。これにより、1台で最大6GHzの帯域幅を持つセンサーやプロセッサ、電源の解析ができるという。

デジタルオシロスコープ「RTO2064」

 波形更新レートは100万回/秒で、散発的な信号障害も迅速に捕捉可能だ。他にも、図形を使ってトリガー条件を指定するゾーントリガー機能、2Gのポイントメモリ、12.1インチのタッチスクリーン、LEDで色分けされたコントロールノブなどを搭載。トリガーとデコード機能、コンプライアンス・テスト、シグナル・インテグリティ・テスト、I/Q分析、アプリケーション開発ツールなども備えている。

 価格は726万2000円(税別)で、年間で50台の販売を見込んでいるとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.