ニュース
» 2017年03月01日 09時00分 UPDATE

STマイクロ LDLN025:ノイズレベル6.5μVrms未満のLDOレギュレーター

STマイクロエレクトロニクスは、全負荷状態(250mA)でのノイズレベルが6.5μVrms未満のLDOレギュレーター「LDLN025」を発表した。120Hz時の電源電圧変動除去比は80dBとなる。

[EDN Japan]

標準ドロップアウト電圧120mV

 STマイクロエレクトロニクスは2017年2月、全負荷状態(250mA)でのノイズレベルが6.5μVrms未満のLDOレギュレーター「LDLN025」を発表した。120Hz時の電源電圧変動除去比は80dBで、小型のセラミックコンデンサー2個で安定して動作する。

 入力電圧範囲は1.5〜5.5Vで、標準ドロップアウト電圧は120mV。出力電圧は1.2〜5.0Vの間で選択できる。静止電流は無負荷時が12μA、外部イネーブルピンで制御するシャットダウンモード時が0.2μAのため、消費電力を低減してバッテリーを長寿命化する。

LDOレギュレーター「LDLN025」

 1000個購入時の単価は約0.15米ドル。0.63×0.63mmのフリップチップ型4バンプパッケージか、1×1mmのQFNパッケージで提供する。2.95×1.6mmのSOT23-5Lパッケージ品も開発中という。スマートフォンやスマートウォッチ、医療用センサー、IoT(モノのインターネット)デバイスなど、スペースに制約のある機器での用途を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.